楽と引き換えに無くしてるもの

posted in: お知らせ, 歩行 | 0

 楽と引き換えになくしてるものって色々ありそうですね。でも一つを選べば一つは我慢しなければ・・・、仕方がないものもあります。しかし、無くしてはいけないものがあります。それは『筋肉』!当所にお通いいただいている96歳のスーパーウーマン、現役でゴルフを楽しむために健康管理を頑張っておられます。この方はお一人で生活をされていますが、以前ご家族が「このひねるタイプの蛇口では、手が疲れるから押すタイプに変えれば楽じゃない?」と言われたそうなのですが、このスーパーウーマンは「そんなことしたら手の運動が減ってしまうじゃない」と答えられ、今もひねる蛇口を使われているそうです。どうですか?こうした気構えはありますか?
 ついつい楽を求めてしまうのが人情ですが、この方のように健康には筋肉が必要だと考えていないと楽に楽に生活をしてしまい、どんどん筋肉を減らしてしまいます。そうすると代謝が下がり、体温が下がり、免疫力が下がり、やりたいことがままならなくなりQOLが下がるというような負のスパイラルに陥ります。ご自分、ご家族見回してみてください。特に体調が悪い、健康を害している方は安静ももちろん大事ですし、必要な時はあります。しかし、慢性的な状況で、あまり安静にばかりしていると体の機能が落ちてしまいますから気を付けてくださいね。だんだんと温かくなってきましたからちょっと遠くの魚屋さんに買い物に行く、そんな心持で生活しましょう。また、本当に身体に必要な運動の指導が当所ではお受けいただけます。是非一度お試しください。